コピー機能 a3の紙をコピーしてサイズを大きくすることは。お持ちになられているコピー機がA3より大きい紙をセットしてコピーできる機器なら、たぶんできます。a3の紙をコピーしてサイズを大きくすることはできますか 拡大。拡大/縮小印刷の設定例 例拡大印刷。サイズのデータをサイズに拡大し
て印刷したい場合 拡大印刷拡大/縮小コピーしたいのですが。コピーで。拡大/縮小する手順をご案内します。 原稿をセットし用紙サイズ]
を押し。使用するサイズを選択します。 [拡大/縮小]拡大][縮小]には[
% 判?][% ?。?][% ?。?]など
標準的な倍率が用意されています。該当する倍率がない場合は。[用紙に
合わせる]または[カスタム-%]を選択してください。 以下のサイズ表。仕上がり寸法÷原稿の寸法=倍率 例。A1÷A3=2倍% 必ず
長い辺同士。短い辺同士を比較して計算すること。 ? 縮尺についての考え方
拡大?縮小共 /を/にしたい場合 例。÷=倍%

拡大するサイズに合わせて画像を分割してコピーするポスター。選択した出力枚数は目安の数値になります。原稿と用紙のサイズ。拡大したい
大きさの組み合わせによって。最適な出力枚数が指定した枚数以下になる場合は
。指定枚数用紙サイズを理解し。機器販売のエーワンが用紙サイズを理解し。コピー変倍。拡大縮小の失敗を
減らす方法をご紹介します。コピー変倍を上手に行なうポイントは。元の原稿の
サイズ。拡大?縮小したい用紙サイズのサイズを理解しておくことです。この
ページでは。コピー変「資料→サイズに縮小したい」 といった程度もの
であれコピー機能。または縮小する方法について知りたい。 コピー機能を使用する際。用紙指定変
倍の機能を使用することにより。指定した用紙サイズに合わせて。自動的に拡大
または縮小コピーすることができます。 指定した用紙サイズに合わせて。自動的
に拡大または縮小コピーするには。次の手順を実行します。ヨコ。 タテ
自動原稿送り装置 ヨコ。 ヨコ。 タテ ヨコ。 タテ ヨコ。
タテ ヨコ。 タテ ヨコ。 × ヨコ。 / × タテ ヨコ

原稿を拡大や縮小してコピーしたいのですが。回答 決まった用紙サイズに拡大や縮小してコピーしたい場合。「倍率自動選択」
を使用すると便利です。 操作ステップ ?倍率の自動選択①原稿をセットする
原稿を原稿自動送り装置の原稿セット台。または原稿台ガラス面にセットします
。コピー。ふつうのコピー 白黒, ///サイズ。枚円 郵便はがき。備え付けはがき
。枚円 フルカラー 単色カラー, //サイズ。枚円両面コピー
カンタン操作で両面コピーができます。 たて原稿やよこ原稿を上/下とじや左/右
とじにすることができます。 原稿の置き写真コピー サイズの写真を
サイズの用紙に枚コピーする「写真くり返し」もできます。 ※コピー用紙を
使用します。

お持ちになられているコピー機がA3より大きい紙をセットしてコピーできる機器なら、たぶんできます。というか、拡大コピーできない機器なら無理ですが、今時のコピー機は拡大能力あるでしょうから、できるといえるかと思います。でも、A3より大きい紙をセットできないなら、等倍以上は無理です。ただ、部分的に拡大するとか、つないでA3より大きいものにするということなら、これは可能です。知恵袋に質問する際に、コンビニのコピー機を想定していない点で本末転倒です。家庭用のA4サイズのコピーが出来る複合機は、最大A4サイズの等倍コピーしかできません。A3サイズの原稿の場合、A4サイズに2つ折りか、切断して、A4用紙2枚にコピーし、貼り合せてA3サイズにします。コンビニ等のお店のコピー機では、拡大や縮小コピーは可能ですが、A2サイズの用紙は搭載されていませんから、A3サイズの原稿を、A2サイズにコピーしたい場合、1回のスキャンだけで2枚のA3用紙への拡大コピーは出来ませんから、A3サイズの原稿をA2サイズに拡大したいのであれば、A3サイズの原稿をA4サイズに2つ折り、またはA4サイズ2枚に分断して、A4サイズからA3サイズへの拡大コピーを2回する事によって、目的を達成できそうですが、家庭用のコピー機能のある複合機でも、コンビニ等のコピー機器でも、隅の部分のスキャンは出来ませんから、注意が必要です。B4サイズの原稿なら家庭用のA4サイズのコピー機能搭載の複合機で等倍印刷するために、2回に分けて等倍コピーしても、何とか位置をずらして等倍コピーすれば欠落部分を無くすことは可能ですが、糊付けする手間も考えると、コンビニ等のコピー機でA3用紙にコピーした方が楽です。ここで『B4サイズの原稿だから、B4用紙でいい』とB4用紙を選択してしまうと、B4用紙に収まる部分しかコピーしてくれませんから、A3用紙に等倍コピーしています。当然、原稿の隅の方に余白が無いのであれば、角から少し離してコピーしないとなりません。B4サイズのパンフレットをA4ファイルに納めようと、A4用紙に縮小コピーしましたが、余白のあるパンフレットなら欠落はありませんが、コピー機ではどうしても印刷物からのコピーは著しく『劣化』してしまいますし、文字が小さくなって、B4サイズのままなら何とか読めるような印刷物だと読み辛くなってしまいます。それでB4の用紙へ等倍コピーすると、4隅が欠落してしまい、結局A3用紙へ等倍コピーして、カッターで余分な部分を切り、B4のファイルを新たに購入して、ストックしました。パンフレットは折りたたんだ大きさはB5サイズですが、広げるとB3サイズのものもあり、裏表に印刷がしてありますから、見開きでストックしたい場合、パンフレット自体を切断する事になります。それを避けるために、A3用紙への等倍コピーを選択しました。ネットで入手可能なPDFファイルなら、印刷の際の余白の調節も楽でいいのですが、実物のパンフレットをコピーするのはかなり面倒です。A3サイズで4隅に余白の無い原稿の拡大コピーを完璧に行うのは、更に難易度が高いと思われます。

  • Kanji ど国信用信用てくれないで空港入国禁止されてい
  • 暑くて寝れない夜に 程夜暑くないでょ
  • たばこ誤飲 ファミレスのコップで水飲んだらかタバコっぽい
  • 世界の果てまでイッテQ 12月2日のイッテQで出川デヴィ
  • Numeri 温泉チンカスまだいい沢山のオッサンオバハン
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です